もう3月

2019.03.04 Monday 15:55
0

     「1月は行く、2月は逃げる」と言いますが、早いものでもう

    3月です。日脚が伸びる速さと競うように暦もめくられていきます。

    1月末の講演会の準備やら後始末をしているうちに3月に入って

    しまいました。

     1月下旬、FAXの投書をいただいたのが縁で、市内天間の

    吉野鉄工所を訪問させていただきました。

    書き出しに「吉野鉄工所ではこんな人々が働いています」と

    記された投書には、13人の働く人の年齢が書かれていましたが、

    なんと事務全般を取り扱う44歳の方を除いて全員が65歳以上、

    最高齢者は82歳でした。

     代表取締役の金指達雄さんによると、同社は30年ほど前に

    一度、赤字で「断腸の思い」で人員整理しましたが、定年で

    退職はしたけれど技術を持っている方が「働きたい」と言って

    きたことなどもあって、あらためて3−4人から採用し始めた

    ということです。ほとんどが富士・富士宮で仕事をしてきた人

    たちで、4−5人から10人前後の方々に働いてもらっていると

    いうことです。

     働き方も決まったものではなく、午前中だけとか、病院に行く

    日は休むとか、個人の事情に合わせた働き方で、繁忙期で納期に

    間に合わせなければならないようなときだけは、イレギュラーな

    出勤をお願いすることもあるようです。またそうしたフレキシブルな

    働き方が高齢の方にとって気分転換にもなっているようです。

     考えてみると、高齢者は高齢によるスタミナの減少などという

    ハンディはあるものの、若いころから身に着けた技術力は決して時間

    とともに、それもあっという間になくなるというものではありません。

    1月31日の講演会でのパネルディスカッションで、パネリストを

    務めていただいた富士スパイラル工業代表取締役の望月政光さんは、

    特別支援学校の卒業生の指導に高齢者を充てたことについて

    「気が練れているから」と仰っていました。

    いい表現だと思います。年を取って短気になるところもありますが、

    対人関係では我慢も利くようになってきます。「気が練れた」方は

    大勢いると思います。

     最近の定年は誕生日や誕生月のところが多いようですが、3月末

    というところもあると思います。

    何より、4月から新入社員を受け入れる企業・事業所も多いと思います。

    ユニバーサル就労などと構えずに、高齢者の活用と元気発揮の応援団の

    役割をぜひやっていただきたいと思います。

    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Facebookページ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode