窓口連絡会でグループワーク

2018.07.13 Friday 15:33
0

    富士市内にある就労支援・生活支援窓口の連携を深め、

    ユニバーサル就労をさらに浸透させるための窓口連絡会が10日、

    市消防庁舎会議室で開かれました。昨年7月に続く2回目の開催で、

    20余りの施設・団体から約30人が参加して、富士市の

    ユニバーサル就労の経緯や現状、ユニバーサル就労支援センター

    の役割などについて説明を受けた後、5つのグループに分かれて

    それぞれの抱える問題やユニバーサル就労についての疑問点

    などを話し合いました。

     全体会では今年3月に制作された「2分でわかるユニバーサル就労」

    の動画を見た後、市生活支援課担当者からこの日の連絡会の目的や

    これまでの経緯、ユニバーサル就労の対象となる市民などについて

    説明がありました。就労支援をしていてもユニバーサル就労に

    ついてよく知らない窓口担当者がいることや、各種相談窓口から

    支援センターに来る人もいることなどを挙げたうえで、できるだけ

    情報を共有して、働く意欲がある人が少しでも多く働くことが

    できるようにすることなどを呼びかけました。

    続いてユニバーサル就労支援センターの担当者から、

    就労にブランクがあったりコミュニケーション能力や社会的な

    適応能力に問題を抱え自信をなくした人などを、どう就労に

    結び付けていくか、など順を追って紹介されました。

    またこの事業には働きたい人を受け入れてくれる企業が大切ですが、

    同センターによりますと、6月末までに同センターが

    ユニバーサル就労の提案などのため接触してきた企業は289社、

    うち129社が企業説明会に出席し、66社が協力企業となることを

    承諾してくれたとのことです。

     グループワークでは5つのグループのすべてに同センターの

    支援員が参加し、具体的な問題点や疑問点を挙げて解決策などを探りました。

    Comment