ユニバーサル就労(UW)推進特別委員会

2018.02.08 Thursday 14:16
0

    富士市議会UW推進特別委員会が6日に開かれました。昨年暮れまでの事業の進捗状況の報告や、平成30年度の事業とそのスケジュールなどを議題に話し合われました。

     

     

    報告によると、市UW支援センターの実績として、相談実人数61人(相談延べ件数は810件)、支援対象者31人でうち17人が就労ステップまで進んだことが明らかになりました。17人の内訳は就労準備3人、就労体験5人、無償コミューター6人、有償コミューター1人、就労中2人でした。このうち8人が就労決定しましたが、その後1人は仕事が合わないということであらためて就活中ということでした。

     

     昨年4月にゼロからスタートして9か月で、61人の相談を受け、17人が就労ステップまで進んだことをどう評価するか、というのが市としても委員会としても考えどころと言っていいでしょう。市内に実際、どのくらいの人が働きたいのに働けないでいるのか。「働きたい」という本人の意思もたとえば寒い時期というだけで意欲が萎えてしまうことなどもあるでしょうから、把握するのが極めて困難だということ、支援センター以外の相談窓口でも就労者が出ていることなどを考えると、まずまずの9か月だったと思えますがいかがでしょう。

     

    一方企業説明会には8回で90社が参加し、46社が協力企業に名乗りを上げていただけました。支援センターはほぼ毎月のように説明会を開催し、参加企業を増やしてきましたが、ユニバーサル就労に積極的な企業は初めから参加してくれたことを考えると、参加企業を増やすのもこれから厳しくなりそうです。サポーターの皆さまにもぜひご協力をお願いしたいところです。

     

     UW広報室の実績としては、サポーター登録が目標(100人)の約2倍の196人に達していること、2月上旬に市民啓発チラシを全戸配布したことなどが報告されました。秋までに開かれた各種イベントでのアンケートによるUWの認知度などを考えると、この程度の目標達成度では物足りないところではありますが、今後も積極的にサポーターを増やし、市民ひとりひとりがUWについて考えるきっかけ作りを広めていきたいと思います。よろしくお願いします。

     

     

     

    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Facebookページ
    Selected entry
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode