企業説明会での Q&A

2019.08.28 Wednesday 13:24
0

     就労を目指す市民にとって働く場を提供していただける企業・事業所は

    大きな希望です。働く場があっての就労だからです。

    このため富士市ユニバーサル就労支援センターでは、発足以来6月までに

    23回の協力企業説明会を開いてきました。これまでに説明会に参加して

    いただけた企業・事業所は約200社に上ります。

    説明会では出席していただけた関係者から直接質問を受けたり、

    アンケートに記入していただく方式でさまざまな疑問に対応しています。

    これまでにあった質問のうちから、皆さんが疑問に思っていること、

    それに対して市や支援センターがどう考えているかなど、いくつかの例を

    挙げてみましょう。

     「就労体験・コミューター制度」では、「事故やけががあった場合は」

    との質問がありました。

    これについては「支援センターが損害保険に入って対応します」

    「保険で対応できないような危険な業務はあらかじめ外していただく

     ようにしています」とのことです。

    「有償コミューターにはいくらくらい支払えばいいですか」との問いには

    「交通費や実費程度」との回答がありました。

    「受け入れた方は必ず雇用までみないといけないのか」との質問には

    「適性を見て双方ともにマッチングした場合にはぜひ雇用を」とのことです。

     「企業」関連ではまず「企業のメリットは」との問いがありました。

    これにはすでに協力していただいた企業からの声として

    「新たな雇用方法や従来のキャリアアップの手段となった」

    「どんな人にも事情があり、相手のことを知り理解することによって自分の

     行動を見直すきっかけになった」

    「社員一人一人がみんなに配慮する雰囲気になり職場の雰囲気が温かくなった」

    「社会貢献ができた」などが寄せられました。

     「雇用」面からは「企業が知っておきたい利用者の情報は開示されるのか」

    との声がありましたが

    「本人の同意を得たうえでその方の働きづらさや特性、雇用に必要な情報は

     事前に開示している」そうです。

    「どれくらいまでサポートしてくれるのか」に対しては

    「就労後1ヵ月程度をめどに電話相談等の定着支援をしています。その後、

     本人・企業を含め3者の合意を得て支援終了となります」ということでした。

     このほか、ユニバーサル就労支援センターの陣容や利用者の現状、

    シニアやシングルマザーの利用の可否―などにも質問がありました。

     

    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Facebookページ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode