「市政いきいき講座」でユニバーサル就労を学ぶ

2019.06.10 Monday 10:52
0

     富士市が市の業務内容や専門知識を講座形式で提供している

    「市政いきいき講座」のメニューにユニバーサル就労が加わり、

    初めての講座がこのほど、市内今泉の「シニア&子どもカフェ“遊”」

    で開かれました。会場には年配者を中心に30人ほどが集まって、

    市生活支援課の松葉剛哲さんのパワーポイントを使った講義を

    聴講しました。

    この後設けられた質疑応答では、「ユニバーサル就労」の対象となる

    市民や就労しにくい人をどう仕事に結び付けていくかーなど、

    質問が相次ぎました。

     「市政いきいき講座」がユニバーサル就労をテーマにしたのは初めて

    でしたが、聴講に訪れたのは関心のある市民が多かったせいか、

    ユニバーサル就労という言葉も大半が知っていました。

    市生活支援課の松葉さんはパワーポイントを使い、ユニバーサル就労の

    概念や働きづらさの内容、支援を受けるための手続きや支援を受けて

    就労に至るまでの手順、口コミで広めてもらいたいとの希望―などを

    わかりやすく説明しました。

     質疑では、人事異動など支援する側の人が仕事の都合で離れてしまうと

    2回目に行ったときまた一から人間関係を作り直さなければならない、

    などと不安が出されました。これに対して市からは、何人かいる支援員が

    情報共有することで防ぎたいとの回答がありました。

    ハローワークやシルバー人材センターでの求人・求職活動との違い、

    表面的には見えにくい障害を抱える人に周囲がどう対応したらよいのか、

    引きこもりの人に出てきてもらうためにどうするかーなど活発な質問と

    意見が出されました。また「富士宮市民は対象にならないのか」などの

    問合せもありました。

     市生活支援課では市内の他の地域・団体にも講座を開いてもらえるよう

    呼び掛けています。

    10人以上の参加が見込まれる団体やサークルで関心がある市民は

    市生活支援課 ☎55-2886 まで

    Comment