農福連携

2018.02.13 Tuesday 16:05
0

     

     障害を抱えた人たちに農業で働いてもらう「農福連携」の動きが県内はもとより全国的に広がりつつあるようです。当広報室の情報紙2で取り上げた富士市大渕のしきみの芽摘みでも、働く人たちが楽しそうなのが印象的でした。

     

     富士市ユニバーサル就労(UW)議員連盟は1月に、市農政課・生活支援課、UWを拡げる会、市UW支援センター関係者らと約20人で神奈川県藤沢市のNPO法人農スクールが運営する「えと菜園」などを視察しました。

     

     

     同スクール代表の小島希世子さんは熊本県の農村地帯で生まれ育ち、子供のころから農家になるのが夢だったという30代の女性です。市民と農業・農産品をつなぐ会社を起業したのを機に、生活保護受給者や障害者、ニート・引きこもりなど働きづらさを抱える人に農業体験を通じて就労・就農の後押しをしようと農スクールを立ち上げたといいます。

     

     小島さんによると「働きづらさを抱える人というのは『得意、不得意』がはっきりしている人」だそうです。それに対して農業は「誰にとっても得意分野になれる仕事が必ずある」と小島さんは強調します。農業は種まきから育苗、栽培、収穫と順を追って仕事があるため、必ず得意分野ができるし、人によっては何度も成功体験が味わえます。このため本人が自信を持ちやすいそうです。また人間以外の生き物に豊富に出会えること、青空の下の仕事ですが、個々の作業は横並びで周囲と顔を合わせずに済むため、他人とのコミュニケーションが苦手な人でも馴染みやすいとも言います(「農スクール」の話は主として視察団団長の小池智明市議からうかがいました)

     

     障害者にとって働きやすい環境とされる農業分野への雇用促進を図る「農福連携」について静岡県は2017年度に、精神障害者が農業分野で就職するための手当給付型職業訓練事業を始め、18年度以降も継続する予定です。富士市でも「農スクール」をモデルにした「アカデミー農園」を立ち上げようと新年度に向けて計画しています。

    しきみの芽摘み作業で写真撮影に応じていただけた方たちの笑顔を思い出すにつけ「うまくいくといいなぁ」と、思わずにいられません。

     

     

    再就職準備セミナー&就職相談会

    2018.02.09 Friday 16:21
    0

      こんにちは

      ハローワーク富士マザーズコーナーからのお知らせです。

       

      平成30年2月26日(月曜) 13:30〜15:30

      富士市フィランセ西館3階会議室1にて、

       

      知って得する働くための

      再就職準備セミナー&就職相談会が開催されます。

       

      【内容】

      ●知りたい「社会保険」についてのセミナー

      ※講師 富士年金事務所

      年金の仕組み・社会保険・扶養控除など

      家庭との両立で働きたいんですが・・・

      子育てに支障がない範囲で働きたいんです・・・

      家族の扶養範囲内で働きたい・・・等々

       

      ●就職相談会 仕事と子育てがしやすい求人を対象

      ※企業担当者参加

      就職相談会では当日面接(応募)が出来ます。(面接希望者は履歴書持参)

       

      就職相談会参加予定企業

      1ジェイワークスプランニング株式会社

      2株式会社ヨシケイ東部

      3プライム野菜工房株式会社

      4(医財)百葉の会

       

      【対象者】  家庭(育児等)と仕事の両立や扶養範囲内で就労を考えている方

      【参加費】  無料

      【託児】   予約制で先着15名(無料)

      【申込方法】 事前に参加申込書へのご記入が必要になります 

                           ハローワーク富士マザーズコーナーへ

                             お問合せください。☎0545-60-5100               
       

      ※参加申し込み後キャンセルされる方はハローワークにお知らせください

      ※雇用保険受給者の方は求職活動実績としてカウントされます

       

      【お問合せ先】ハローワーク富士マザーズコーナー ☎0545-60-5100

                          ハローワーク富士   ☎0545-51-2151

       

       

      超短時間雇用

      2018.02.09 Friday 15:00
      0

         

        「働き方改革」は現内閣の中心施策の1つですが、そういうことを正面きって打ち出さなければならないほど日本は、障害を抱えた人たちに大変な国なんだと、先日、東大先端科学技術研究センターの近藤武夫准教授の「超短時間雇用という新しい働き方のデザイン」という講演を聴いてあらためて思いました。

         

         

         近藤准教授によると、日本の伝統的な雇用の形態は、労働者が自分に得意な仕事を求めるというより、採用された企業・事業所から指定された仕事をこなすことが求められます。〇〇会社に採用されれば得意・不得意に関わらず例えば営業に回され、その次は総務など管理部門に異動し、さらに支店などの責任者として経営の一端を担いながら昇進していく、といった具合です。

         

         必要とされる能力は何でもできる汎用的能力、新しい職場にもなじみやすいコミュニケーション能力、タフネスさなど、暗黙の要件として長期就労、様々な仕事への対応、管理職に就くためのスキル習得、長時間勤務など、雇用条件は年功序列賃金、長期で任期の定めのない雇用―などが挙げられると言います。確かに自らを振り返っても当たらずとも遠からずといった感じです。

         

         これに対して何かしらの障害を抱えた人には、1つことならできるけど同時並行的に2つ以上の仕事は難しい人、他人とのコミュニケーションをとるのが困難な人、体力的に長時間の勤務が不可能の人、などが大勢います。

         ところが日本の社会福祉・セーフティネットは週20時間以上働かないと雇用保険に加入できなかったり、どんなに冬の寒い時期には仕事ができないと言っても年間を通じて働くことを求められたりして、健常者と目に見える壁が存在します。

         

         「働き方改革」には「同一労働同一賃金」というテーマがありますが、これは従来の日本型の雇用から仕事に応じて賃金を支払うという方向への転換です。そのための1つの手法として、業務集中が起きている部署で必要な業務を定めて、従来の雇用形態では就労困難であった人たちの就労の機会を作り出すことなどが考えられます。やった仕事に対して給与を支払うというやり方です。これならたとえば週5時間のような超短時間労働でも、対象者は職と給与が得られるということになります。

         

              近藤武夫先生

         

         簡単とは思いませんが、いま、富士市UW支援センターが協力企業にお願いしている「業務分解」の考え方はこれと似た考えです。特殊な技術を持った社員がその特性を活かすためにも、その社員にとっての雑務を他の人に任せるということができれば双方にとっていい話だと思いますが、いかがでしょう。

         

         

        ユニバーサル就労(UW)推進特別委員会

        2018.02.08 Thursday 14:16
        0

          富士市議会UW推進特別委員会が6日に開かれました。昨年暮れまでの事業の進捗状況の報告や、平成30年度の事業とそのスケジュールなどを議題に話し合われました。

           

           

          報告によると、市UW支援センターの実績として、相談実人数61人(相談延べ件数は810件)、支援対象者31人でうち17人が就労ステップまで進んだことが明らかになりました。17人の内訳は就労準備3人、就労体験5人、無償コミューター6人、有償コミューター1人、就労中2人でした。このうち8人が就労決定しましたが、その後1人は仕事が合わないということであらためて就活中ということでした。

           

           昨年4月にゼロからスタートして9か月で、61人の相談を受け、17人が就労ステップまで進んだことをどう評価するか、というのが市としても委員会としても考えどころと言っていいでしょう。市内に実際、どのくらいの人が働きたいのに働けないでいるのか。「働きたい」という本人の意思もたとえば寒い時期というだけで意欲が萎えてしまうことなどもあるでしょうから、把握するのが極めて困難だということ、支援センター以外の相談窓口でも就労者が出ていることなどを考えると、まずまずの9か月だったと思えますがいかがでしょう。

           

          一方企業説明会には8回で90社が参加し、46社が協力企業に名乗りを上げていただけました。支援センターはほぼ毎月のように説明会を開催し、参加企業を増やしてきましたが、ユニバーサル就労に積極的な企業は初めから参加してくれたことを考えると、参加企業を増やすのもこれから厳しくなりそうです。サポーターの皆さまにもぜひご協力をお願いしたいところです。

           

           UW広報室の実績としては、サポーター登録が目標(100人)の約2倍の196人に達していること、2月上旬に市民啓発チラシを全戸配布したことなどが報告されました。秋までに開かれた各種イベントでのアンケートによるUWの認知度などを考えると、この程度の目標達成度では物足りないところではありますが、今後も積極的にサポーターを増やし、市民ひとりひとりがUWについて考えるきっかけ作りを広めていきたいと思います。よろしくお願いします。

           

           

           

          ユニバーサル就労の新チラシができました

          2018.02.05 Monday 13:48
          0

             

            みなさんこんにちは。富士市は晴天ですが風が冷たく体感温度は低いですね。

            インフルエンザなど、気を付けましょう。

             

            さて、ユニバーサル就労広報室では新しいチラシを作成しました。

             

             

            家庭や個人の事情で

            仕事が見つけにくいあなたへ

            「新しい働き方」あります!

             

            と題した、ピンクベースのやさしいデザインのチラシです。

            広報ふじの2月5日号に折り込みで全戸配布されます。

             

            ぜひご覧くださいね。

             

             

             

             

            メールマガジン配信しています

            2018.01.17 Wednesday 09:03
            0

               

              おはようございます。今日の富士市は珍しく雨模様です。

              おでかけの方はお気を付け下さいね。

               

              さて富士市ユニバーサル就労広報室では、メールマガジンを配信しています。

              始まったばかりのユニバーサル就労を、もっと詳しく知っていただけるよう

              毎月1回メールで近況をお知らせしています。

               

              ユニバーサル就労は行政として富士市が全国で初めて取り組むため、

              なかなか皆さんの耳になじまないかと思います。

              ぜひメールマガジンをお読みいただき、身近なお知り合いに

              「相談できるところがあるよ」と伝えていただけたら幸いです。

               

              メールマガジンの登録はこちら→★

               

              好景気を追い風に

              2018.01.05 Friday 15:49
              0

                 

                明けましておめでとうございます。「ユニバーサル就労」今年もよろしくお願いします。

                 

                 新年の新聞各紙を拾い読みしましたが、平昌五輪とAI、平成の振り返り以外には共通のテーマが比較的少なく、焦点の合わせにくい1年になりそうです。

                 

                「ユニバーサル就労」にとって関心の高い安倍内閣の「働き方改革」では、個の能力を生かす組織とか賃上げ、生産性向上などが謳われてはいますが、なんとなく身に迫る感じがしてきません。ただ好景気は続いているということなので、これを追い風に少しでも働きたい方々のお役に立てればと思います。

                 

                昨年暮れにハローワーク富士が発表した11月の管内の雇用失業情勢によれば、有効求人倍率は1.66倍と259ヵ月ぶりに1.6倍台を記録しました。26年前といえばバブル時代の最終期で大変な好況時代でした。そんな時期に並ぶと言われても全く実感はありませんが、「景気は気」と言われますので、気持ちだけはポジティブに行きたいと思います。

                 

                「ユニバーサル就労」については昨年、市民の皆さまに知ってもらうためにいろいろ手を尽くしたと思いますが、実際にはまだまだ認知度は低いと実感しています。今年も全力で広報活動を行いたいと思いますのでご支援とご協力をお願いします。

                 

                 

                ユニバーサル就労広報室一同

                年末のごあいさつ

                2017.12.28 Thursday 13:31
                0

                   

                  こんにちは。早くも年末ですね。

                  富士市ユニバーサル就労広報室も、

                  6月に開設し7か月になろうとしています。

                   

                  富士市が行政として全国で初めて取り組みを始めた

                  「ユニバーサル就労」。

                  いつでもだれでもユニバーサル就労が自分事になると思いますので、

                  できるだけ多くの方にこの先進的な取り組みを

                  知っていただきたいと思います。

                   

                   

                   

                  もし身近に家庭や個人の事情で働く場がなかなか見つからない方が

                  いらっしゃいましたら、

                  「富士市でユニバーサル就労が始まって、相談できるそうだよ」

                  とお伝えください。

                   

                  富士市ユニバーサル就労相談窓口の年末年始のおやすみは

                  12/29(金)〜1/3(水)です。

                  年明けは1/4(木)から開設します。

                   

                  ユニバーサル就労広報室の年末年始のおやすみも

                  同じです。

                   

                  大変お世話になりました。

                  良いお年をお迎えください。

                   

                   

                  ユニバーサル就労支援センターで調理実習

                  2017.12.26 Tuesday 16:07
                  0

                    今日はユニバーサル就労支援センターで調理実習が開催されるため

                    取材に行ってきました。

                     

                    メニューは

                    ・カップ寿司

                    ・鶏むね肉と厚揚げのポン酢炒め

                    ・白菜の中華スープ

                    ・クレープ

                     

                     

                     

                     

                    出来上がりはこちら

                    美味しいご馳走が完成しました。

                     

                     

                     

                    イチゴソースも甘さ加減も丁度いいね〜と絶賛でした

                     

                     

                    普段はそれぞれのプログラムで動かれているので

                    一緒に作業をするのは多くないとの事

                    皆さんがお料理を通して和気あいあいとコミュニケーションをとられていて

                    とても楽しそうでした。

                    心が通うひとときでした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    人手不足の解消につなげるには

                    2017.12.15 Friday 15:04
                    0

                       

                      ハローワーク富士が12月にまとめた富士市管内の雇用失業情勢によると、10月の有効求人倍率は1.57倍となりました。9月に256ヵ月ぶりに1.5倍台となったのに続き、さらに上昇を続けています。倍率が底を記録した平成215月の0.33倍と比較すると、それこそ天と地ほどの差があります。かつて3人に1人就職できれば良かったのが、今や2人に3つの職場が提案されているという状況です。

                       倍率だけでなく有効求人数でみても10月には5000人の大台を初めて突破しました。有効求人倍率のピークは平成312月の1.9倍でしたが、この時でも有効求人数は4000人台でしたから、人手不足は深刻ということです。一方で有効求職者数は減少傾向で推移しています。季節要因があって多少ばらつきはありますが、10月は3000人を超えている程度です。

                       

                       

                       働きたいのに働いていない市民のための「ユニバーサル就労」支援にとっては追い風と言ってもいいでしょう。これが解消しない背景には特定の職種におけるミスマッチがあるようです。介護・看護といった福祉関連分野や建設等の分野では構造的に人手不足問題が深刻化しています。富士市ユニバーサル就労支援センターが就労体験にこぎつけた中にも福祉施設がありますが、必ずしも大勢いるわけではありません。

                       ただそうした仕事には専門的な仕事のほかに、一般的な仕事も多いと思います。あらためて「業務分解」を考えていただけば、新たな人手が得られる可能性もあると思います。来年はそんなことを考えながら、働く場を探すひと、人手不足に悩む企業がウインウインになる道を探りたいと思います。