企業説明会で楠見製作所新富士工場の佐野工場長が講話

2019.10.29 Tuesday 16:29
0

     ユニバーサル就労支援センターによる25回目の合同企業説明会が

    このほど、市役所会議室で開かれました。6社から8人が出席して、市、

    支援センターからの事業内容などの説明に続いて、株式会社楠見製作所

    新富士工場の佐野祐一工場長から、ユニバーサル就労による採用と就労に

    関わる感想などに耳を傾けました。

     

     

     佐野工場長によると同社では1年ほど前、支援センターの紹介で1人の

    男性の体験就労を受け入れました。その後この男性は無償コミューター

    からアルバイトを経て、正式雇用に至ったということです。また別の

    障害者手帳を持つ女性も体験就労から無償コミューターまで進んでおり、

    雇用しようと考えているとのことでした。

     採用した男性は当初はコミュニケーションに難があるように思いまし

    たが、たいへん真面目で、欠勤がまったくない出勤率100%という勤務

    状況のうえ、教えたことに対する理解が早く、レベルアップへの意欲が

    強かったといいます。実際にひと月ごとにレベルアップするのが分かる

    状態で、今では周囲に違和感なく溶け込んでいるそうです。

     佐野工場長は「ユニバーサル就労支援センターから紹介される人たちには、

    自分に自信を持てない人、以前の職場で人間関係や仕事の失敗などを経験し、

    仕事に対するストレスを抱えている人などもいますが、この中に素晴らしい

    能力を持った人たちがいっぱいいます」と話し、この人たちの能力を生かす

    ことが人手不足解決の近道であるとの考え方を示しました。

     佐野さんは、こうしたコミュニケーションが苦手な人に対しては、一人一人

    が掛け声をかけてやるとか会社全体で理解してやることが大切、とアドバイス。

    有効求人倍率がなかなか下がらない現状やこれからの少子化に向けても

    ユニバーサル就労センターとの協力関係が役立つ、と話しました。

    福祉まつり開かれる

    2019.10.28 Monday 13:47
    0

       富士市福祉まつりが20日、中央公園で開かれました。

      今年は天候の影響で、この日に運動会を開いた学校などもあり、

      例年よりは参加者が少し少な目だったようです。

      それでも車いすの体験に子どもたちが大勢参加して一生懸命動き

      回る姿や、高校生ボランティアが寄金を募る大きな声を響かせる

      コーナーなどもあって、にぎやかなイベントでした。

       ユニバーサル就労広報室は今年も会場の一角で、

      シールアンケートを実施しました。

       

       

      質問は「あなたはユニバーサル就労という言葉を知っていますか」

      「身近に働きたいのに働いていない人はいますか」の2つです。

      結果、「ユニバーサル就労」という言葉を知っている人は91人、

      56.9%、知らない人が69人、43.1%でした。知っている人が

      一昨年の44%、昨年の34%に比べて大幅に増えました。また

      「働いていない人」が身近にいる人は93人、59.6%、いない人が

      63人、40.4%でした。昨年、一昨年とも働いていない人が53%

      だったのでやや増えた感じです。市内の8月の有効求人倍率1.45倍

      からすると、もう少し少なくてもいいかな、との思いがあります。

       富士市がユニバーサル就労支援推進事業を始めて3年目。着実に

      知っている人が増えているとはいうものの、まだ知らない市民が

      大勢いることにため息が出ます。どんな事業でも多数の市民に

      知ってもらうのは大変なことですが、ユニバーサル就労については、

      耳慣れない言葉だからこそ、もっと周知し易いのではと考えていた

      のですが少し甘かったのかとも思います。でも少なくとも「知らない」

      と答えた人は、この日から知ることになったわけで、こうした広報が

      今年の「知っている人」の大幅増につながったとすれば、これからも

      こうした地道な活動が大切なんだと思わされました。

      パイロット事業所第3号にケンコーマヨネーズページを新設

      2019.10.11 Friday 16:06
      0

         社是は『地域貢献』−開業当初から支援学校卒業生を採用

         

         国内最大手の業務用食品メーカー

         ケンコーマヨネーズ株式会社静岡富士山工場(富士市大淵)が、富士市のユニバーサル就労推進事業のパイロット事業所に認定されました。同社はマヨネーズやドレッシングなどの調味料、卵製品やお惣菜などの国内最大手の業務用食品メーカーで、静岡富士山工場では厚焼き卵や錦糸卵などの卵製品を年間約9000トン以上製造しています。2014年に操業を開始し、19年2月からは第2工場の稼働も開始しました。

          「地域貢献」が社是

         同社が素晴らしいのは「社是」にうたわれている「地域貢献」を工場ごとに実践していることです。静岡富士山工場では操業開始の2014年から、工場の近くにある富士特別支援学校の卒業生を採用し続けています。これまでに10人が同工場で勤めを始め、家庭の都合で辞められた1人を除いて他の人たちは今でも仕事を続けています。また、ベトナムからの技能実習生も30人ほど受け入れています。

         ユニバーサル就労については、市ユニバーサル就労支援センターの支援員から協力を求められたのがきっかけですが、もともと特別支援学校卒業生を採用するなど障害者への接し方には慣れていたこともあって、就労困難な事情を抱える人たちに対してもマイナスイメージをもつ社員はほとんどいなかったとのことです。障害者などに温かく接する社風がうかがえます。牧立也・執行役員統括工場長によると、責任者の会議では「チャレンジする価値があるのでは」とすぐに受け入れを決めたということです。

         対人関係が苦手な若者を採用

         パートナー社員の1人目として採用したAさんは市内に住む対人関係を作るのが苦手な若者です。4月から就労体験として仕事を始め、7月中旬からは正規のパートナー社員として採用されました。2人目はやはり対人関係が苦手な若い女性で、8月下旬から働き始めています。

         Aさんは同社に来る前、ユニバーサル就労の一環として市役所で事務補助の仕事をしていましたが、市役所での仕事と比べ「前は職場体験という感じでしたが、今は働いているということを実感しています」と感想を漏らしています。そして「以前は家にいるのが当たり前で何もすることがありませんでしたが、今は仕事ができることがありがたいと思っています」と満足そうでした。

         ユニバーサル就労は「働き辛さ」を抱える、どんな人にも職を提供できるようにしよう、という意欲的な試みです。ケンコーマヨネーズのように障害を抱える子どもたちに仕事の場を提供するのも大変有難いことだと思います。こんな動きが市内の他の企業にも広がるといいですね。

         

        ★パイロット事業所ページはこちらから

        協力企業の一覧をホームページにアップ 〜富士市ユニバーサル就労広報室〜

        2019.09.30 Monday 10:49
        0

           市ユニバーサル就労広報室は、富士市が認定したユニバーサル

          就労事業協力企業の一覧を、9月下旬からホームページにアップ

          しました。協力企業の存在を、働きたい人だけでなく一般市民にも

          知ってもらうのが目的です。

           アップされたのは8月19日現在の認定協力企業116社。

          うち59社(画面上では〇印がついています)については、○印を

          クリックすると、会社概要、会社の全容などの写真、それぞれの

          企業のPRを掲載しています。

           富士市が認定した協力企業は製紙会社や建設会社、運輸事業者、

          食品事業者、NPO法人や社会福祉法人の介護福祉事業者、サービス業者

          など多岐にわたっています。協力企業は希望者の職場見学や職場体験など

          を受け入れて、希望者とうまくマッチすれば就労まで進みます。

           富士市がユニバーサル就労推進事業をスタートさせて今年で3年目に

          なりますが、これまでに37人が就職しました。働きたいのに働けない、

          さまざまな理由を抱える市民にとって、採用に前向きな企業は希望の星

          とも言える大切な存在です。ぜひ一般の皆さんも、これら企業を後押しして、

          少しでも就労者が増えるよう応援してください。

           

          ★認定協力企業ページはこちらから

           

           

          第25回 合同企業説明会のご案内

          2019.09.27 Friday 14:23
          0

            10月の日程が決まりました。

            日時:10月25日(金)13時30分より

            場所:富士市役所 5階 第2会議室

            企業説明会では毎回、協力企業の皆さんが就労体験の受け入れや、

            雇用までの過程などをお話ししてくださいます。

            10月は株式会社楠見製作所が話してくださる予定になっています。

            詳しくは富士市ユニバーサル就労支援センターまでお問合せください。

             

            富士市ユニバーサル就労支援センター ☎0545-62-7520

             

             

            東海地区障害学生支援フォーラムが静岡大学で開催 オプション企画に富士市ユニバーサル就労支援センターも参加

            2019.09.17 Tuesday 11:30
            0

               東海地区(静岡・愛知・岐阜・三重)の高等教育機関等における

              障害学生支援の充実・発展を図る「東海地区障害学生支援フォーラム」

              が9月10日、静岡市駿河区の静岡大学静岡キャンパスで開かれました。

              9回目の今年は、オプション企画として県内就労支援機関と大学関係者

              の交流会もセットされ、富士市のユニバーサル就労支援センターが、

              自治体の相談支援機関としては唯一参加しました。

               フォーラムは午前のオプション企画と午後のフォーラム(講演会と

              シンポジウム、分科会の3本立て)の2部構成。オプション企画の

              交流会には、障害者就業・生活支援センターや富士市ユニバーサル

              就労支援センターなど相談系が4機関、新卒応援ハローワークなど

              職業紹介系3機関、就労移行支援事業所など通所系12機関の19機関が

              17のブースを設けて大学の就職担当教員などと情報交換を兼ねて

              交流会を開きました。

               富士市のユニバーサル就労支援センターのブースには、静岡大学、

              静岡県立大学、静岡文化芸術大学、常葉大学、静岡産業大学など県内の

              大学のほか、京都大学など他県からの参加者も訪れ、ユニバーサル就労

              の意味や支援の意義、具体的な運営状況などについて次々と質問が出ました。

               

               

               大学の就職担当者の関心が高かったのは、障害者手帳は所持していないが、

              一般就労も困難というグレーゾーンの学生の対応で、富士市のユニバーサル

              就労支援が成果を出しているところなどについて質問が出ていました。

              また京阪地区の学生の7人に1人が未就職で、うち40%が発達障害が疑われる

              コミュニケーション能力の低い学生であるとの調査結果も紹介され、困難な

              実情を共有しました。

               午後は富士市でも講演したことのある近藤武夫・東京大学先端科学技術研究

              センター准教授が「障害を含む多様な人々を包摂する働き方を生み出す産学官

              連携の取り組み」をテーマに講演。持論の「超短時間雇用」について説明

              しました。近藤准教授によると、以前は否定的だった厚労省が「超短時間雇用」

              に前向きになっているとのことで、あいさつとかコミュニケーションとかを

              働く人に求めない働き方など伝統的な日本型雇用を打ち破る雇用形態などの

              可能性を強調していました。

               またシンポジウムでは静岡新卒応援ハローワークの岡野祝子学卒ジョブ

              サポーターが、発達障害者雇用トータルサポーターについて、まだ県内には2人

              しかいませんが、本人に対するカウンセリングや就職に向けた準備プログラム

              の実施、事業所に対して発達障害者等の雇用に係る課題解決のための相談援助

              などの業務を行っていることを紹介しました。

               全体の印象としては、大学における就活の問題点として、障害者手帳は所持

              していないものの就労困難な学生への対応、自らどうしたいのかを決められない

              学生への対応など、ニート・引きこもりの若者への対応と同じような悩みを

              抱えていることがうかがわれました。

               

               

              キッズジョブでシールアンケート

              2019.08.30 Friday 10:33
              0

                 子どもたちが仕事を体験して、学んで、「未来の自分」を発見する

                富士市のキッズジョブが8月17、18の両日、ふじさんめっせで開かれました。

                両親に連れられた就学前の幼児から年配者まで、合わせて約8600人が会場を

                訪れて、それぞれ興味のありそうな仕事を体験したり見学していました。

                 富士市ユニバーサル就労広報室ではキッズジョブに出展した

                富士市キャリアデザイン支援室fきゃるの展示コーナーの一角を借りて、

                「ユニバーサル就労」という言葉を聞いたことがあるか、

                身近に働きたいのに働いていない人がいるか、を問うシールアンケートを

                行いました。

                 

                 

                6月に市立図書館で開催したユニバーサル就労の協力企業パネル展で

                実施したのに続いて今年2回目の調査でした。

                 結果は「ユニバーサル就労」という言葉を「聞いたことがある」

                人が42人27%、「聞いたことがない」人が111人73%でした。

                一昨年21%、昨年22%に比べ少しだけ認知度は高まっていました。

                それでも「聞いたことがない」という人が「聞いたことがある」

                人の2倍以上という結果にはまだまだ広報の努力が足りないと思いました。

                ただ今回の会場でまた新たに111人の市民に知ってもらうことができたと

                いうのも事実で、これからも地道な広報活動が必要だと思い知らされました。

                 また「身近に働きたいのに働いていない人がいる」は70人でした。

                ハローワーク富士によると、今年6月の富士市内の有効求人倍率は1.36倍と

                相変わらず高い状況が続いています。それなのに働いていない人が多いので、

                「いる」と答えた方に聞いてみると、子育て中の女性などが思うような

                働き口がない、というミスマッチがうかがえるようなケースもありました。

                これまでもこれからも続く課題のようなもので、この解消も求められるところ

                です。

                企業説明会での Q&A

                2019.08.28 Wednesday 13:24
                0

                   就労を目指す市民にとって働く場を提供していただける企業・事業所は

                  大きな希望です。働く場があっての就労だからです。

                  このため富士市ユニバーサル就労支援センターでは、発足以来6月までに

                  23回の協力企業説明会を開いてきました。これまでに説明会に参加して

                  いただけた企業・事業所は約200社に上ります。

                  説明会では出席していただけた関係者から直接質問を受けたり、

                  アンケートに記入していただく方式でさまざまな疑問に対応しています。

                  これまでにあった質問のうちから、皆さんが疑問に思っていること、

                  それに対して市や支援センターがどう考えているかなど、いくつかの例を

                  挙げてみましょう。

                   「就労体験・コミューター制度」では、「事故やけががあった場合は」

                  との質問がありました。

                  これについては「支援センターが損害保険に入って対応します」

                  「保険で対応できないような危険な業務はあらかじめ外していただく

                   ようにしています」とのことです。

                  「有償コミューターにはいくらくらい支払えばいいですか」との問いには

                  「交通費や実費程度」との回答がありました。

                  「受け入れた方は必ず雇用までみないといけないのか」との質問には

                  「適性を見て双方ともにマッチングした場合にはぜひ雇用を」とのことです。

                   「企業」関連ではまず「企業のメリットは」との問いがありました。

                  これにはすでに協力していただいた企業からの声として

                  「新たな雇用方法や従来のキャリアアップの手段となった」

                  「どんな人にも事情があり、相手のことを知り理解することによって自分の

                   行動を見直すきっかけになった」

                  「社員一人一人がみんなに配慮する雰囲気になり職場の雰囲気が温かくなった」

                  「社会貢献ができた」などが寄せられました。

                   「雇用」面からは「企業が知っておきたい利用者の情報は開示されるのか」

                  との声がありましたが

                  「本人の同意を得たうえでその方の働きづらさや特性、雇用に必要な情報は

                   事前に開示している」そうです。

                  「どれくらいまでサポートしてくれるのか」に対しては

                  「就労後1ヵ月程度をめどに電話相談等の定着支援をしています。その後、

                   本人・企業を含め3者の合意を得て支援終了となります」ということでした。

                   このほか、ユニバーサル就労支援センターの陣容や利用者の現状、

                  シニアやシングルマザーの利用の可否―などにも質問がありました。

                   

                  第24回 合同企業説明会のご案内

                  2019.08.07 Wednesday 11:34
                  0

                    8月の日程が決まりました。

                    日時:8月22日(木)13時30分より

                    場所:富士市役所 5階 第2会議室

                    詳しくは下記をご覧ください。

                     

                    相談窓口を統合へー相談から就労支援までワンストップ化

                    2019.07.16 Tuesday 16:57
                    0

                       富士市生活支援課は令和2年度以降のユニバーサル就労推進事業体制

                      として、相談・支援グループと就労・支援グループの二本柱の体制と

                      する新たな推進体制案を提案しました。これまでの体制が、

                      〇毀韻砲箸辰道伝箸澆分かりづらい

                      高い就労率を誇るユニバーサル就労支援センターの力を発揮できていない

                      「他の支援では就労が難しい方」という定義が対象者の自尊心を傷つける

                        恐れがあるーなど課題が浮き彫りになったためです。

                        このため

                      .侫ランセ東館の複数の相談窓口を整理する

                      ▲罐縫弌璽汽觸∀支援センターの利用者が限定的であることを解消し、

                        協力企業の活躍の場を増大させる

                      ユニバーサル就労支援センターという一つのセンターの中で、

                        相談から就労支援まで完結させるーというのが大きな流れです。

                       具体的には市が実施している「ユニバーサル就労支援センター」と

                      「くらし・仕事相談窓口」「福祉相談室」「fきゃる」を統合したうえで、

                      相談・支援と就労・支援の2グループに再編し、相談・支援グループでは

                      「就労準備」「生活についての相談支援」「経済的な自立を目指した支援』

                      「就労相談」などを、就労・支援グループでは「就労困難者への就労支援」

                      「協力企業の開拓」「応募書類の作成指導」「面接対策」「適職診断」

                      「キャリア教育」「若者の就労支援」などを行うことにしています。

                       またこれとは別に子育て中の女性や若者、その他の離職者などに

                      職業紹介をするハローワークの「マザーズコーナー」がフィランセ1階に

                      現状のまま設置されているほか、若者のひきこもり支援を行う「ココ☆カラ」

                      は今と同じ教育プラザで相談や支援をしていきます。

                       市の提案に出席者からは、ワンストップ化することに

                      「より相談しやすくなる」「個別相談室か必要では」などの意見が出ていました。

                      広報部門のあり方については検討中ということでした。


                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      Facebookページ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode